カプコンのヒーローが大集結!オリジナルデッキでアルティメットカードバトルを制覇せよ!!「TEPPEN」のレビュー・感想

「TEPPEN」とは

「TEPPEN」は、ガンホーとCAPCOMがタッグを組んだ、CAPCOMの人気キャラクター達が多数登場する対戦型カードバトルのアプリです。

 

ストリートファイターの「リュウ」や「春麗」、モンスターハンターの「リオレウス」や「ネルギガンデ」、ロックマン、バイオハザードの「ジル・バレンタイン」たちが、ダイナミックな技を繰り出す白熱したバトルを楽しめます。

 

カードには、キャラクターや名シーンなどが描かれています。

 

公式Twitter→TEPPEN

 

こちらは宣伝となるが、「ミリオンモンスター」もオススメの作品だ。

TEPPENの基本情報

TEPPENの特徴

TEPPENはカードを用いた、リアルタイム制とターン制が融合したゲームです。

 

交互にカードをプレイして勝負するターン制ゲームとは異なり、5分間のバトルの中で、プレイヤーは状況に応じた判断をリアルタイムで行います。

 

いかに相手の予想を上回り、より良いタイミングを判断できるかが、TEPPENのバトルの醍醐味となります。

MPとは

MP」はカードをプレイするときに必要なポイントです。時間とともに蓄積し、そのカードに必要なMPが溜まると、そのカードをプレイできます。

 

カードをプレイするときに必要なMPは、カードの左上に表示されています。

 

MPの使い方だけでも、様々な戦術を考えることができます。状況に応じて、どの戦術を選ぶかが大切です。

ユニットカードとは

「ユニットカード」は、その場に残り、敵ユニットや敵ヒーローに攻撃を行うカードです。ユニットカードによる攻防がバトルの基本となります。

 

ユニットカードにはそれぞれ「攻撃力」と「HP」があります。右下の数字が攻撃力、その下の数字がHPです。

 

また、ユニットカードの中には、特別な「能力」を持つカードが存在します。能力を有効に使うことで、バトルを有利に進めることができます。

アクションカードとは

「アクションカード」はプレイすることで効果を発揮し、その場に残らないカードです。

 

ユニットの攻撃力やHPを増減させたり、特定のカードをEXポケットに加えたりできるなど、その効果は様々です。

バトルについて

画面の見方と勝敗条件について

画面の上側は、バトルが行われる「」です。「場」の左側は自分の情報右側は相手の情報です。画面の下側は、「自分の手札」や「MP」などを表示しています。

 

「場」の中央上部の時間はバトルタイムです。5分間のバトルで、「5:00」からカウントダウンが開始し、「0:00」になったら終了です。

 

バトルが終了した時点で、残りライフが多い方が勝ちとなり、同じだった場合は引き分けです。

カードのプレイ方法は

カードを掴むと、プレイ可能な領域が青く光ります。カードを青い領域のどこかに持っていけばプレイできます。

白く光っているカードがプレイ可能なカード、光っていないカードはまだプレイできないカードです。

 

「手札」は基本的に5枚です。手札はデッキにカードがある限り、常に5枚になるように自動で補充されます。

 

手札の右側には、2枠の「EXポケット」があり、カードやヒーローアーツの効果でカードが追加されます。

 

EXポケットのカードは、手札にあるカードと同じようにプレイできます。

ヒーローとヒーローアーツ

ヒーロー

ヒーローは、デッキごとに設定できるキャラクターです。ヒーローごとに特徴があり、固有の必殺技「ヒーローアーツ」を持っています。

 

ヒーローのライフが「0」になると勝敗が決まります。

ヒーローアーツ

ヒーローアーツは、「AP(アーツポイント)」を消費して発動できる、ヒーロー固有の必殺技です。

 

敵にダメージを与えたり、味方を守ったりするなどさまざまな効果があります。戦況をよく見て、ここぞというタイミングで発動しましょう。

ヒーローアーツはデッキを作るときに設定します。1デッキに一つだけ設定できます。

 

ヒーローごとに3種類のヒーローアーツがあり、その中から一つを選びます。

 

3種類のうち1つは、ヒーローが解放されたら選択できますが、残り2つはヒーローのレベルを上げると習得します。

AP(アーツポイント)とは

APは、ヒーローアーツを発動するのに必要なポイントです。

 

画面左下に表示され、左側が溜まっているAP、右側がヒーローアーツの発動に必要なAPです。画面右上には、敵ヒーローのAPが表示されています。

 

APは、ユニットカードやアクションカードをプレイして消費したMPと同じだけ溜まります。

デッキ編成の基本と操作方法

デッキとは、バトルで使用するカードの「たば」のことです。デッキ編成は、このゲームの重要なポイントのひとつです。

デッキ編成の基本ルールについて

デッキ編成には、基本ルールがいくつかあります。

基本ルール
  • 1つのデッキは30枚のカードから編成
  • 同一カードは、1デッキに3枚まで
  • 同一の「レジェンダリー」レアリティのカードは、1デッキに1枚まで
  • デッキ内の属性(色)の種類が増えるほど、MPの上限が減少

 

初めての方には、次のようなデッキ編成がオススメです。

初心者にオススメのデッキ編成
  • 1つの属性(色)のみのカードで編成する
  • 30枚のカードのうち、ユニットカード20枚、アクションカード10枚の割合を目安にする
  • MP3~4のカードを中心にして、MP5以上は少なめにする

 

すばやく多くのカードを場に出して、バランスよく戦える編成です。

 

その他にも、アクションカードをユニットカードに合わせたり、ユニットカード同士の組み合わせをいろいろ考えたりしてみましょう。

 

慣れてきたら、自分のデッキに合わせて、最適なカードの組み合わせを探してみましょう。

デッキを編成しよう

さっそくデッキを編成してみましょう。「デッキ編成」は4つの方法から選択できます。

4つの方法のひとつ、「アシスト編成」とは、まず、カードを選択して、属性を指定すれば、残りのカードを自動で編成してくれる機能です。

 

アシスト編成では、最初にデッキの「フォーマット」と「属性」を選択します。

 

フォーマットとは、ランクマッチで使えるカード種別のことですが、最初は「スタンダード」のみ選択可能です。

 

アシスト編成は、初心者にオススメの便利な機能です。迷った時は、ぜひ使ってみてください。

 

デッキ編成は、バトル上級者への第一ステップです。初めは「アシスト編成」機能を使いながら、慣れてきたら、一から編成してみましょう!

課金について

TEPPENは、無料でも十分にお楽しみいただけるゲームですが、ゲームの進行を助ける「ジュエル」などを有料で購入することもできます。

 

「ジュエル」はゲーム内での入手や、イベント等で配布されることもあります。

 

ジュエルなどの購入には、年齢別に1ヶ月で購入できる有料アイテムの金額が決まっています

年齢 1ヶ月あたりの購入上限額
15歳以下 1ヶ月5,000円まで
16歳~19歳 1ヶ月20,000円まで
20歳以上 制限なし

月ごとの購入金額は、毎月1日にリセットされます。購入手続きをおこなうたびに、年齢確認の画面が表示されます。

 

必ず正しい年齢を選択して、購入手続きをおこなってください。

TEPPENのオススメポイントのおさらい

「TEPPEN」は、CAPCOMのヒーロー達が一堂につどう夢のカードバトルアプリです。

 

ヒーロー達のオリジナルストーリーを楽しむ「ストーリーモード」、様々な条件で戦う「クロニクルモード(ソロプレイ)」があります。

 

他にも、世界中のライバルとランクを競う「ランクマッチ」や、気軽に戦える「フリーマッチ」もあります。

 

自分だけのオリジナルデッキを編成して、リアルタイム制とターン制が融合したアルティメットカードバトルを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です